どれぐらいの金額か

間取り図

最近は、賃貸オフィスが流行しています。賃貸オフィスの魅力は、何といっても簡単に借りることができることです。従来のテナントを借りる場合は、初期費用が非常に高くしかも手続きも面倒でした。審査に通らない可能性も高いため、せっかく良い物件を見つけたとしてもそこに入ることができないケースも多かったわけです。しかし、賃貸オフィスならばそのような心配はなく、審査もそれほど厳しくはありません。しかも、初期費用が格段に安いため利用しやすいのが特徴です。初期費用としては、通常の賃貸物件を借りる場合の半分以下に収まることがほとんどです。これは、保証金等を必要としていないからと言えるでしょう。それだけでなく、更新費用なども必要としていません。つまり、比較的短期間の契約で抜けることもできるわけです。このように考えれば、それほど費用がかからないと考えて間違いありません。ただし、物件の場所によっては費用が高くなることもあります。例えば東京23区の駅前などの賃貸オフィスを借りる場合は、1ヶ月あたりの負担が200,000円を超えるようなこともあるでしょう。最終的には、立地とその面積によって金額が決まると考えて間違いありません。

短期間で利用したい場合など

賃貸オフィスの利用目的は、通常のテナントを借りる場合と同じ部分も多いですが、細かい部分を見ていくと大きな違いがあることに気がつきます。違いの1つは、短期間の利用が可能なことです。通常のテナントの場合は、1年契約や2年契約になっているため、途中で解約をする場合には費用を余分に負担しなければいけません。しかし、賃貸オフィスの場合は3ヶ月でも4ヶ月でも借りることができ事前に報告をすることが必要であるものの、たった3ヶ月しか利用しなくても違約金等が発生する事はありません。このように考えれば、比較的流動性の高い職場の場合やベンチャー企業などに最適といえます。ベンチャー企業は、半年位で社員が2倍になるようなこともあるため、オフィスが狭くなり新たなところを借りなければならないこと多いわけです。そのため賃貸オフィスを借りるメリットがあると言えるでしょう。また、利用目的として考えられるのは、オフィスを所有しているけどもそのオフィスを建て替えている場合です。建て替えている場合は、その期間オフィスを利用することができないことが多いため、その間に賃貸オフィスを利用する流れになります。費用もそれほどかからないことから、会社にとって大きな負担になりにくいでしょう。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中